日野システックでは今までの事業分野をより広げ、今後も国内外・世界へ向けて事業や製品を発信してゆくため、海外企業との事業提携をしています。納品するだけではなく、初期計画から納品後のメンテナンスまで幅広く対応し、日野システック技術者によるトレーニングなども行っています。

シーメンスAG(本社:ドイツ・ベルリンおよびミュンヘン)は、電気・エレクトロニクスにおけるグローバル企業です。

日野システックは1990年代初頭からシーメンス社のPLCを使用したControl Panelを設計、製造、販売して参りましたが、2011年より正式にシーメンス社とソリューションパートナー契約を結びました。引き続き、製造現場から経営管理レベルまで、産業のあらゆる分野で活用されるオートメーション製品をご提供して参ります。

●低圧制御機器
制御盤の小型化、少配線化に大きく貢献できる製品をラインナップし、各国規格にも準拠。
IEC/UL/CSA規格へユニバーサルに使用可能なサーキットブレーカなど。
●産業用オートメーションシステム
豊富なCPUとI/Oの品揃えにより幅広いアプリケーションに対応し、柔軟性・拡張性に優れたPLC。
独自のイベント同期方式、ホットスタンバイ方式を採用した二重化PLC。
●安全制御システム
標準制御プログラムと安全制御プログラムとの共存が可能で、標準通信と安全通信を同一ネットワーク上で実現した安全PLCなど。
安全関連製品はTÜV認証を取得しており、最高水準の国際安全関連規格に準拠。
安全関連制御を一般制御に統合することにより、高いレベルの安全性と柔軟性を提供し、効率のよいエンジニアリング環境を提供。
●SCADA SOFT WinCC
サーバ二重化、クライアント/サーバシステムなど、簡単に構築可能。
PLC開発環境と統合することにより、タグ共有化、診断メッセージ自動作成機能など、開発効率を最大限に。

ドイツ・HIMA社との業務提携により世界的に豊富な実績と信頼のある緊急シャットダウンシステム(ESD)、バーナマネジメントシステム(BMS)、ファイヤー&ガスシステム(F&G)を御提供いたします。
これらの機器の選定はもちろんのこと、システム計画、設計、製作、運転調整にいたるまでを日野システックの高度なエンジニアリング技術がお客様のニーズにお答えします。
国際標準に基づき作成されるシステムは主たるDCSシステムとの統合が出来ます。例えば、OPC、プロフィバス、ファウンデーションフィールドバス(開発中)のような標準を使用して最新の技術を駆使した優れたソリューションを御提供できます。

HIMA社の信頼性のある3つのシステム

● MSシステム
CPUに自己診断機能を持たせた最小システム(SIL3/AK6認証)
● HSシステム
CPUを二重化し各CPUに自己診断機能を持たせた2OUT OF4(QMR)の高信頼性システム
● HRSシステム
HSシステムにI/O他全てを二重化した高信頼性システム

H41q/H51qの原理
一般的なシステム(例として2003/三重化)では融通性のない価格の高い解決策しか得られませんでした。SIL3/AK6レベル迄の安全を保証する一般的な故障許容システムは3チャンネル迄の高価な構成を必要とします。システム構成から来る機能的制約(例えば操作上の時間的制約)は1つのチャンネルでの故障により起こり、それは利便性を制約し、プラントの運転効率を低下させるものでした。
しかし、HIMA社は高度四重化技術(HIQuad Technology)を開発し、臨界プロセスの安全制御効率を高める手がかりを見出しました。遺伝学上の手がかり同様、高度四重化技術(HIQuad Technology)は効率面で最適な解決策を可能にしたものです。

H41q/H51qシステム群のプログラマブルエレクトロニックシステム(PES)は主として化学、石油化学エネルギー産業で使用されます。
摘要分野は、高圧力保護システム(HIPPS)、緊急シャットダウンシステム(ESD)、ファイヤー&ガスシステム(F&G)、バーナーマネジメントシステム(BMS)、反応器監視制御、パイプライン監視制御、パワープラント制御、ローディングシステム、水処理装置のコントロールなど。

※ HIQuad Technology(高度四重化技術)とは、プロセス産業界の特別な要求に応え、HIMAがデザインした2004/QMR(四重化モジュール)構造のことです。
セントラルユニット毎に2重のプロセッサーを有し、これらはナノセカンドでの比較を行って相互にチェックし合うことにより、モノシステムでも完長化システムでもSIL3/AK6クラスの安全性能を可能にします。

EPLAN Software & Services LLC, a German company, was established in 1985. More than 32,000 sets of their main product “ESPLAN” have been sold in some ten countries around the world. In particular, this software plays an active role as the world standard for control design support CAE / CAD software in the automobile, machine tool and food processing fields.

HINO SYSTECH introduced ESPLAN in 1994 which provides a world standard control design support CAE / CAD system with the partnership of EPLAN Software & Services LLC ( German ). HINO SYSTECH started EPLAN training courses, given by the control engineers, which deals with various operations from design to document preparation and control panel manufacturing.

アメリカ・Detector Electronics社の優れた火災検知、ガス検知システムをご提供致します。
日野システックは、日本におけるDetector Electronics社の総代理店として製品の販売、サポートを行っております。

アメリカ・GE社製パッケージソフトウェアiFIXのシステムインテグレーターとして、PA(プロセスオートメーション)・FA(ファクトリーオートメーション)における監視制御システムを提供いたします。
設計、製作、運転調整はもとより、システムの拡張に対しても日野システックのエンジニアが柔軟に対応いたします。

アップルトンおよびATXは、米国ミズーリ州セントルイスに本拠を置く世界的な大手電気電子機器メーカーであるエマソンをバックボーンに、豊富な製品群を持つ防爆機器ブランドです。 日野システックは認定工場として国内での設計・組付・検査を行い、従来、海外防爆製品にて問題となっていた納期・価格を大幅に改善し短納期、低価格にて製品を提供いたします。 また、米国、欧州等の防爆認証を取得したLEDライト等防爆関連商品も取り扱っております。